橋本市地場産業振興センター「裁ち寄り処」外観 裁ち寄り処は地域の皆様の憩いの場です 地場産品もお手頃価格で購入できます
 

橋本市により、市街地の活性化を図り地場産業の振興と街中のにぎわい創出を目的に、ITを活用した研修や 交流ができる体験型施設として橋本市IT地域交流センター「裁ち寄り処」は、平成26年4月1日より橋本市地場産業振興センター「裁ち寄り処」と名称が変更されました。 裁ち寄り処では、「地場産品の展示および販売」「IT体験」「地域の交流及び情報発信」等の事業を行っています。
 
「裁ち寄り処」の名前の由来
地域住民は元より市内外からの来訪者の皆様にも気軽に立ち寄っていただける場所にしたいという思いと、 高野口は歴史あるパイル織物産業の町でもあることから、立ち寄りを“裁ち寄り”と置き換え、施設の名称にいたしました。

Copyright © 橋本市地場産業振興センター All Rights Reserved.